Home  >  会社案内  >  沿革
明治40年1月  
泉州織物株式会社創立。
明治45年4月  
関西製綱株式会社創立。
大正4年6月  
東洋麻糸紡織株式会社創立。
大正8年6月  
佐野紡績株式会社創立。
昭和18年9月  
上記4社合併により帝國産業株式会社を設立。
昭和24年5月  
大阪証券取引所に株式上場。
昭和29年1月  
東京証券取引所に株式上場。
昭和29年10月  
合成繊維ロープ製造開始。
昭和32年2月  
合繊混紡糸製造開始。
昭和42年10月  
合成樹脂製品の販売を開始。
昭和54年4月  
落石防止網等土木工事事業開始。 
昭和63年10月  
商号を株式会社テザックに変更。
平成7年4月  
製造部門を二色浜製造所へ集約。製造を開始。
平成9年3月  
テザック(マレーシア)SDN.BHD.が合繊ロープ製造工場を竣工。
平成13年4月  
鋼索鋼線事業を株式会社テザックワイヤロープに営業譲渡。
平成14年7月  
大阪地方裁判所に会社更生手続開始申立。上場廃止。
平成15年9月  
大阪地方裁判所より更生計画認可決定。
平成15年11月  
事業部門を株式会社テザック環境システムへ移管し、商号を株式会社テザックへ変更。
平成17年12月  
大阪地方裁判所より更生手続終結決定を受ける。
平成18年6月  
日本植生株式会社のグループ会社となる。