Home  >  よくある質問  >  物流・建設資材
(ベルト)
Q.
スリングの裏表はありますか?
A. ございません。自由にご使用いただけます。

Q.
化学薬品用に使用したいのですが可能でしょうか?
A. 可能です。耐化学薬品用のPPブルースリングをご用意させていただいております。

Q.
商品に傷をつけないように吊りたいのですが?
A. ブルースリングソフトをご利用下さい。従来のベルトよりも更に柔らかく、傷荷滑りもおきにくくなっております。

Q.
角ものに使用したいのですが?
A. オプションで各種補強パッドを用意させていただいておりますので、お問い合せ下さい。

Q.
ブルースリングが汚れた際の対処方法は?
A. 中性洗剤をご利用下さい。

Q.
熱いものは使用可能でしょうか?
A. 100℃以上の熱いものは吊らないで下さい。



(住宅)
Q.
耐震Jケーブルの「J」の文字はどこに由来しているのですか?
A. 柱と基礎を直結する部材なので、『JOINT』の頭文字から取りました。

Q.
アンカーボルトとホールダウン金物の施工誤差はどれくらいまでカバーできますか?
A. 接続柱面より80mmの範囲内にて耐力試験済みです。

Q.
耐震Jケーブルを既存の基礎に使いたいのですが?
A. 所定の方法で後施工アンカーボルト(ケミカル)を設置すれば、耐震Jケーブルで 繋ぐことが可能です。

Q.
他の部位に使用は可能ですか?
A. 例えば、1階柱頭部と横架材を座付ボルトで緊結する際、座付部が2階柱脚部と 干渉する場合でも、耐震Jケーブルを使えば金物同士の干渉もなく楽に施工できます。

Q.
端末金具とワイヤロープの接続部の強度は大丈夫なのでしょうか?
A. 接続部は圧着加工が施されており、その締結強度はワイヤロープの保証引張強度の100%以上です。

Q.
ワイヤロープの材質について教えてください。
A. SUS304材を使用しており、長期間にわたり錆等の影響から開放されます。

Q.
ワイヤロープを使用するメリットを教えてください。
A. ワイヤロープには構造的にバネに似た衝撃荷重を吸収する性質があり、地震等の急激に発生する衝撃荷重に対して、柱・基礎にかかる負担を軽減できます。また衝撃による伸びは、柱のほぞ長さ30mmを超えることもなく、柱倒壊の心配もありません。

Q.
耐震Jケーブルの引張強度を教えてください。
A. (財)建材試験センターでの耐力試験では82kN以上をクリアしております。

Q.
耐震Jケーブルのワイヤ部分の長さを指定したいのですが。
A. 製作自体は可能です。一度ご相談ください。

Q.
カタログが欲しいのですが?
A. ご希望地へ送付させていただきます。