Home  >  事業内容   >  産業資材  >  獣害対策製品開発への取り組み
産業資材:地球にやさしい天然素材を利用

獣害対策製品開発への取り組み

獣害対策製品開発への取り組み その❶
「美郷バレー構想」への参画 

近年、シカ、イノシシ、サルなどの野生獣による農林水産業被害が深刻化・広域化しています。島根県邑智郡美郷町は、獣害対策の取り組みに関し、全国各地から年間70件余りの視察団、視察者が訪れる、獣害対策の取り組みに関する先進地域であり、全国的にも注目されています。特にイノシシについては、捕獲、農作物被害対策、及び捕獲獣の有効活用、そして地域活性化までをワンパッケージとして捉え、産官学民一体の協同活動を実践し、その活動内容を積極的に全国に情報発信し、その実績を積み重ねています。近年、その活動を「美郷バレー構想」と呼んでいます。アメリカ・カリフォルニア州シリコンバレーは、そこに行くと新しい技術や情報、人脈が手に入るといわれる世界経済をリードする中心地。分野こそ全く違うものの、「鳥獣害対策と住民の取組に関しては島根県美郷町に行けば、新しい技術や情報が入り、人脈も広がる」という思いから、日本をリードする「鳥獣害対策版シリコンバレー」、すなわち産官学民が自発的に集い、互いが刺激し合って地域活性化の革新につなげていく環境の場が「美郷バレー」です。平成31年2月26日、(株)テザックは、島根県邑智郡美郷町と「山くじらブランド包括的連携に関する協定書」の締結を行い、「美郷バレー構想」発足以降に民間企業として初めて参画しました。「山くじらブランドを柱とした地域活性化」をキーワードにした美郷町を中心に形成される産官学民の取り組みに参画し、先ずは 獣害対策製品を中心とした製品開発に取り組んでいます。

獣害対策製品開発への取り組み その❷
「気候変動野生動物対策コンソーシアム」への参画

「農林水産省委託事業気候変動プロジェクト「野生鳥獣被害拡大への対応技術の開発」【代表者 江口祐輔氏(農研機構)/鳥獣害対策、野生動物行動学の第一人者】の「気候変動野生動物対策コンソーシアム」 に参画し、新たな獣害対策製品の開発にも取り組んでいます。

 

電柵部材(美郷町、農研機構、TESAC共同開発製品)<特許・意匠登録出願中>

この製品は、「美郷バレー構想」の活動の一環として、及び農林水産省の委託事業「気候 変動野生動物対策コンソーシアム」の活動の一環として開発されました。
数ある獣害対策製品の中で、電気柵部材は正しい「設置」と「管理」を行なえば、その効果は絶大なものです。しかし、実際には「設置」と「管理」がたいへんだから、面倒だからと言った理由で、電気柵の効果が十分発揮されていないケースが多数見受けられます。テザックの電柵部材は、「楽ちん」「設置・管理労力の省力化」を着眼点とし、その課題を解決した製品です。
楽❶ TESACクリップはつまむだけ、ワンタッチで楽に取り付け可能。既製品の碍子や金属性クリップと比較し、設置時間の大幅な削減を実現しました。
楽❷ TESACポールは細さが特長。細いからこそ打ち込みやすい。手でも楽に入ります。手でも楽に 抜けます。既製品の支柱と比較し、設置時間の大幅な削減を実現しました。
楽❸ 柵線の下草は漏電の原因となります。定期的な草刈りが必要です。TESACクリップはつまむだけのワンタッチで瞬間上下移動ができます。柵線をサッと移動すれば簡単草刈りが楽に行えます。
楽❹

TESACクリップ、TESACポールは小さくて細くて軽量です。だから楽に持ち運びが出来ます。収納場所もとりません。


特徴
  • イノシシは赤色の識別は困難です。TESACクリップ、TESACポールは赤色。見えにくいから押されたりして倒されにくい。一方ヒトには認識しやすい色で万一の接触を予防します。イノシシは青色を識別します。青色の柵線で興味を引きつけ、初めて見るものに探りを入れる探索行動を利用して、電撃ショックを与えて撃退します。
  • 防除したい対象動物毎の地面からの柵線の高さは重要です。例えば、イノシシの場合は地面から20僉40僂基本。TESACポールの節の間隔は5僉∈線を張る目安になります。クリップを節の部分に装着した場合、節はクリップがはずれたり、取れにくくする役目もはたしています。