Home  >  事業内容  >  環境緑化  >  緑化製品  >  ナチュラルマットシリーズ(自然侵入促進型マット)

環境緑化:地球にやさしい緑の環境づくり環境緑化:地球にやさしい緑の環境づくり

ナチュラルマットシリーズ(自然侵入促進型マット) / 緑化製品

ナチュラルマットシリーズ(自然侵入促進型マット)

特徴

  1. 外来種を使用しない
    近年、生物多様性保全への取り組みが国際的に求められています。
    我が国でも「新 生物多様性国家戦略」のもと平成17年6月「外来生物法−特定外来生物による生態系等に係わる被害の防止に関する法律−」が施行されました。
    ナチュラルマット工はこの生物多様性保全の観点から、緑化植物として外来生物を用いず、周辺植生からのり面に飛来する種子などで緑化する自然侵入促進工です。
  2. 全面客土入り
    保水性、保温性の高い人工土壌がマットの全面に充填されています。
    そのため、法面全体でマットの効果が発揮されます。
  3. 浸食防止効果
    緑化に長い時間を要する自然侵入促進工では、のり面の浸食防止が重要な課題となります。
    ナチュラルマットはマットの全面に人工土壌を充填させており、のり面全体を被覆できるので、雨滴衝撃が緩和され、流下水は地山より柔らかい人工土壌中を通り排水されます。そのため、張った直後から浸食を防止します。
  4. 生育基盤の保持
    ナチュラルマットは人工土壌をマット内に充填しているため、長期にわたり植物の生育基盤を保持します。
    また保温性に優れており、凍上・凍結による生育基盤の剥離が防止できます。
  5. 飛来種子の捕捉
    ナチュラルマットの上層に装着された特殊構造の天然繊維性ネットが飛来種子や土砂の活着を助けます。
  6. 二酸化炭素排出削減
    ナチュラルマットは化学肥料を使用せず、有機質肥料を使用しています。
    有機質肥料を使うことにより、化学肥料の合成過程で排出される二酸化炭素を抑制できます。

表層タイプ

表層タイプ 素材 耐久性 分解性 特徴
分解タイプ ポリ乳酸 植物由来の生分解性プラスチック。微生物により二酸化炭素と水に分解される。
化繊タイプ ポリエチレン 耐久性が高く、長期間裸地状態が継続した場合でも生育基盤を保持できる。

製品規格

製品名・記号 寸法 標準重量
ナチュラルマットI型 巾1m×長さ10m 18kg
ナチュラルマットII型 巾1m×長さ5m 19kg
ナチュラルマットIII型 巾1m×長さ3m 18kg
※製品の改良のため、予告なく仕様を変更する場合があります。
※製品には、金網・アンカーピンは付属していません。

施工事例