Home  >  事業内容  >  環境緑化  >  緑化製品  >  鹿止金網(法面緑化獣害対策)

環境緑化:地球にやさしい緑の環境づくり環境緑化:地球にやさしい緑の環境づくり

鹿止金網(法面緑化獣害対策) / 緑化製品

・NETIS登録番号:KK-130040-A

鹿止金網(法面緑化獣害対策)

製品規格

鹿止金網
亜鉛めっき2種 φ2.0 40×40×30

特徴

  1. 草丈の確保
    鹿の食害を受けた植物は、地上部の根本付近まで食べられてしまうため、やがて衰退し枯死してしまいます。
    ただし、一般的にゴルフ場や公園などで芝の管理をするときには3〜5冂度に刈り込みます。つまり、この草丈を確保できれば、たとえ食害にあったとしても、成長点が守られ、牧草の枯死は免れます。
    鹿止金網は3僂慮みがあるため、摂食されても3儖幣紊料霈罎確保できます。
  2. 直接踏まれない
    鹿が原因の植生不良には「踏み荒らし」も挙げられます。基盤材が流失してしまったり、植物体が踏みつぶされてしまったりします。
    鹿止金網は鹿が乗っても潰れない強度を持ち、鹿の足のサイズより小さい4僉4僂量嵬椶砲覆辰討い襪燭瓠⊆は摂食の際に3儻の金網の上を歩くこととなり、基盤材や植物体が直接踏まれることはありません。
  3. メンテナンス不要
    鹿防御柵は、動物・倒木・雪などが原因で倒れてしまったり、ネットがたわんでしまったりするため、施工後のメンテナンスが必要です。
    一方、鹿止金網は、一度施工すれば金網が形状を保つ限り効果を発揮し続けるため、施工後のメンテナンスは不要となり、手間を省くことが出来ます。
  4. 緑化基礎工の効果
    植生工を施工する場合にそれ単独では施工が困難な場合に緑化基礎工を採用します。
    鹿止金網工は緑化基礎工の効果と鹿食害対策の効果を併せ持つ工法です。
    立体構造の鹿止金網は地山にしっかりと密着しますので、一般的な緑化基礎工である金網張工と同様に、生育基盤を押さえ込み安定させる効果があります。

施工事例

●植生シート工 鹿止金網併用

●厚層植生マット工 鹿止金網併用